SORT By YEAR

SORT By CATEGORY

2017.3.18 Business

三菱総合研究所と従業員向けの睡眠コーチングサービス「O:」の実証実験を開始

O:は「不眠症に対する認知行動療法(CBT-i)」のメソッドを組み込んだ睡眠コーチングサービス「O:」を活用した実証実験を3/18(睡眠の日)に開始しました。

【リリース】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000024852.html

 

■背景

現在、成人の5人に1人、日本国内だけでも約2,000万人が睡眠に何らかの問題を抱えており、そのうち睡眠導入剤の服用者は500万人とも言われています。しかし、睡眠導入剤の依存性や副作用に対する不安感は服用者に根強くあり、睡眠導入剤とは異なる副作用がない療法への期待が高まっています。その1つに「不眠症に対する認知行動療法(CBT-i)」があります。CBT-iは不眠治療の有効性が認められ、世界中の睡眠医療の臨床現場で行われているプログラムです。しかし、日本では保険適用外のため実施費用が高額であること、また、専門家数が少なく受診可能機関に限りがある等の課題があります。「睡眠コーチングサービスO:」はこの課題を解消するためにつくられたサービスです。本サービスを利用することで、全国どこにいても、CBT-iメソッドを基にした睡眠コーチングを、低価格で受けることが可能になります。

 

■睡眠コーチングサービスO:の特徴

  • 睡眠コーチングサービスO:は、CBT-iメソッドのうち、睡眠スケジュール法と睡眠衛生教育を主軸としたサービスを提供することで、貴方の睡眠のパートナーとなり“グッスリ”を実現のため、睡眠スケジュール法を活用することで、本人の睡眠習慣をもとに適切な就寝時刻を導き出し、「就寝時刻を守ることで睡眠リズムを整え、健康な生活をサポートする」ことを目指します。
  • 睡眠衛生教育を通じ、正しい睡眠知識を獲得、睡眠への不安払拭を目指します。
  • 睡眠ログ解析を通じたコーチングを展開、正しい睡眠習慣の獲得を支援します。

 

■株式会社三菱総合研究所について

日本屈指の総合シンクタンクとして、創業以来、企業経営、社会インフラ整備、教育、医療・福祉、環境、資源・エネルギー、安全防災、先端科学技術、ITなどのさまざまな領域において、お客様の抱える高度で複雑な課題の解決策の提案から実行までを支援。http://www.mri.co.jp/